免責不許可事由について

免責不許可事由って何?

免責を与える(借金を帳消しにする)ことができない理由のこと。

免責を与えるという事は、債務者から見れば、借金が無くなるという事ですが、債権者からすると貸してたお金が返ってこなくなるという事になります。それゆえ、裁判所も借金の理由を吟味し、免責の決定を下しています。

これにより、遊び呆けて作った借金などは、免責の対象外となるのです。

免責不許可事由の例を挙げます。

免責不許可事由について
  • 持っている財産をかくしたり、壊したりすること
  • 浪費やギャンブルによる借金
  • うそを書いた債権者名簿を提出したとき
  • 裁判官との面接で、事実とは違う説明をした時
  • 過去7年間で免責を得たことがあるとき
自己破産の手続きに関するよくある質問
自己破産の知識のスポンサーについて