いろいろな債務整理の方法

このサイトは、自己破産の知識をつけるためのサイトではありますが、必ずしも自己破産を勧めている訳ではありません。ですので、自分の借金の総額や状況を見直してみて、どう感じたかを一度、振り返ってみてもらえたらと思います。

中には、複数のキャッシングの一本化で対応すれば、なんとかなる人もいるでしょうし、現状のままでは厳しいけれども、破産までいかなくても良いかもしれないと感じている人も中にはいるでしょう。
その様な人は【特定調停】という債務整理の方法もありますので、調べることをお薦めしています。

自己破産について

自己破産とは、裁判所に申し立てを行い、自分の借金をゼロにしてもらう方法となります。

弁護士に依頼するということが一般的ではありますが、自分で書類を作成し、申し立てを行う事があります。

自己破産は多くの人が弁護士に依頼しているようです。本人申し立てをする割合は全体の10%程度の人たちのようです。

特定調停について

特定調停とは、あなたとキャッシング会社との間に調停委員という第三者の方にキャッシングの残債を減額してもらう為の交渉を行ってもらう方法です。

利息制限法を超える金利でキャッシングを利用しており、取引年数が長い場合ですと、この特定調停を利用すると大幅に残債が減額となる場合があります。

利息制限法を超える金利のキャッシング会社を利用している場合には、特定調停で借金の大幅減額も。中には過払い金が発生している人もいます。

借金の一本化(おまとめローンの活用)

複数のキャッシングを利用していることで、返済日が1ヶ月のうちに何度もあり、その都度、お金も必要となってくる。

キャッシングを一本化

5日に○万円の返済で、10日にはB社に▲万円、13日にはC社の返済の日がくるから・・・と、毎日×2、お金の心配をし続けなければならないのは、想像以上に精神的負担になっているのです。

この様な人は、『返して・借りて』の繰り返しで、お金の流れを十分に把握できなくなっている場合も多いですから、一つのところにまとめることをお薦めします。

結果、毎月複数の会社にお金を返済している時と同じ金額が必要であっても、精神的な負担は全然軽くなっていることに気付くと思います。

自己破産の知識のスポンサーについて